再査定システム

facebook スマートフォンはこちら
再査定システム|オーナー様へ
再査定システム|オーナー様へ

長期空室にお悩み。設備投資に対して正しい賃料を知りたい。

ご建設計画時、お家賃はいくらとれるのだろう?
と銀行、建設会社、不動産会社にご相談されスタートされた賃貸経営。空室になりシーズンによると、計画性のない家賃交渉、又、リフォームをしたのにこの設備では、賃料はあげられないケースも見られます。1990 年代と変わり、入居者様も長くご納得してお住まい頂くことが、賃貸経営のコツの一つです。実際の相場賃料、オーナー様の共同住宅の賃料はいくらなのでしょうか?
現在の周辺相場、内外装、立地、設備の確認他を元に、今後5年間の賃料をオーナーさまとご一緒に考えてまいります。

現状確認

オーナー様のお伺い頂ける範囲の情報を、お預かりし検証いたします。

・現在の全室賃料の把握・現状の室内リフォーム状況・建物管理状況
・過去10年間の改装状況・修繕計画・現在の入居者層の把握。
・設備・住環境・周辺施設・入居者生活施設等の目視確認。
・現状の募集状況(不動産会社・賃料~特約事項ほか)
image
市場調査

近隣の同型タイプの入居率・賃料相場を資料にてご提出いたします。

築年数・居室内占有面積・入居者の利用する生活施設(駅、買い物施設等)出来うる限り同条件下の共同住宅を、弊  社独自の履歴情報・不動産ネットワーク・現地調査により、データとしてご提出いたします。
(弊社にても蓄積しておきたい大切な情報ですので、当然無料にてお渡ししております。)

ご提案

現状の賃貸動向において、必要な情報をもとにご提案いたします。

・地域において、成功している経営事例、現状確認・市場調査において
・知り得たオーナー様にプラスとなる情報をお伝えいたします。
・建物管理修繕状況、室内の清掃状況、入居者管理状況・入居者のニーズ
オーナー様に必要と思われる入居者募集に関するご提案を致します。

再査定

今後5年間の予想される賃料査定をご提出いたします。

・今後予想される需給バランス、修繕計画他を加味いたしまして、今後5年間予想される募集賃料をご査定としてご提出いたします。
・今、現在長期空室のオーナー様におきましては、試用期間を踏まえた上にて、募集条件等のご提案をいたします。
(弊社にても蓄積しておきたい大切な情報ですので、当然無料にてお渡ししております。)

お問い合わせはこちらから
このページの先頭へ